怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 

家が一番

「いや失敗したよ」
 浦部さんは年末のことを思い返しながら話した。
「たまにはってことで、横浜のホテルで正月過ごしたんだよ。うちはまだガキがちっちゃいから遠出もできないし、安く泊まれるツテがあったんだ」
 家族四人なうえ浦部さんは転職したばかり。できるかぎり出費は抑えたかったという。
「サイトを見ると悪くない感じだったんだ。横浜港の夜景も見れるっていうし。夜景だぜ? 大人になってからの夜景はすげぇ高いんだよ、わかるだろ? え、価格帯? 普通に予約したら一人二万円越えるわな。山下公園のすぐ近くっていうロケーションも便利だしなぁ……。うろ覚えだけど、場所は確か山下公園から通り二本挟んだところにある……。
 まぁそんなことどうでもいいだろ。
 あ? 場所の特定? 
 バカ、つまんないこと考えんな。俺の知り合いがいるんだよ。
 ともかくチェックインするなり嫁もはしゃぎ始めるし息子もテンション上がるわな。だけど娘が「この部屋イヤ」って言い始めるんだ。
 なんで? って聞いても要領得ない。高いところ 怖い?(宿泊部屋は十階だった) って聞いてもそうじゃないって言うし。
 けど年末の繁忙期だろ? こっちはツテ使ってる手前もあるから部屋変えてくれなんてホテル側に言えないし。
 しばらくしたら落ちつくだろうと放っておいたんだ。
 予想通りすぐ機嫌治したよ。そりゃこっちも高い金出してんだもん。喜んでくんないと困るよね。

 まぁ、さ……。
 まさか人死があった部屋なんて、そん時はわからんよ、俺だって。
 首吊りだよ。
 バスローブの帯使って、クローゼットのポールだってよ。
 意外に(首吊りを)やろうと思ったらどこでもできるもんなんだわ。
 しかし後から考えると不思議だよ。娘の第六感っていうの? ココ禍々しいですよセンサーっていうのかな、大人にはないセンサーでもついてるんじゃないかなって。

 いやけどな、ホテル自体はすごく良かったよ! ガキづれでもレストランは居心地いいし、みんな気が利くんだわ。
 飯もな、フランス料理なんて結婚式の時以来だよ。けっこう旨かったよ。
 で、夜景みんなで見てさ、風呂入って早めに寝ようって話なったんだ。ガキ共が限界だったからな。
 俺も軽く酒飲んで寝たんだ。ぐっすりだったよ。
 物音で目が覚めたには深夜二時過ぎだった。
 俺起きたら時計確認する癖あるんだけど、二時半にはなってなかった。ガキが便所かな?って思って見たら、影が動いているんだ。
 目を凝らしてみると、影は二つ。
 娘と嫁だった。
 二人はドアからベランダまでの通路を行ったり来たりしていた。
 娘が前で、続いて嫁が歩く。ドアまで行ったらUターンしてベランダまで……。
『ふざけてる?』って最初は当然そう思った。
 眠れなくなって、妙な遊びでもしているのかと思った。
 けど『何してるんだよ』って声かけても無反応だ。そのまま俺はまた寝てしまえばいいっていうのに、ベッドライトをつけた。二人の顔が見れた。
 かすかな光源を背後から浴びて、ぼうっと浮かび上がった表情が――異様なほど無表情の、まるで憑かれたようにって感じだった。

 影法師っていうんだっけか。
 ベッドライトに照らされ、壁に映し出された影、影がなぁ……。
 ぷらりん、ぷらりんって揺れるんだよ。
 ろくろ首みたいにながぁい首が、ブランコみたいに揺れるんだ。
 わかるか?
 嫁と娘の影じゃないんだ。

 気づけば嫁の肩をつかんでいたよ。
『おい、おい、しっかりしてくれよ』ってテンパって話しかけた。
 けど反応はない。寝たきりの婆ちゃんに話かけるようなもんだ。
『どうしたっていうんだよ!』
 嫁の口から声が漏れているんだ。
『こ…… らい……くらい ……くらいここくらい……くらい、ここ、ここくらい』
 って。その言葉を脳みそで理解したとたん、全身が粟立ったね。
 お前どこにいるんだよ。
 てか、お前、誰だよって。
 だから俺は爆睡してる五歳の息子を抱きかかえて、二人の短い行脚を見ているしかなかった。他にどうしようもなかった。
 大きな声をだすと息子が起きてしまう、そればかり考えてた。
 奇妙な動きは四時前には終ったよ。まだ暗いうちだった。二人とも床に倒れたもんだから、ベッドに運ぶのが難儀だったよ。もちろん起きてから二人に尋ねても何も憶えていないって。
 だからあの夜に起きた怪異現象を知っている家族は俺一人だけ。もちろん言うつもりなんてないよ。幸いなことに家に帰ったらもう二人に異変は起きなかった。
 帰るまでの間、どうなることかって内心冷や汗かきまくってたからほっとしたよ。
 家着いてから言ったよ。
 心の底から言ったね。
 やっぱり家が一番だなって。

 しかし情けないよな、四十も近い人間が嫁と娘をどうにかしようって考えなかったんだもん。
 ただああいうときって変なんだよ。怪異に出会っちゃった時って。
 後から考えれば、なんであんな行動したんだろう? っていう奇妙な行動するんだよ。
 『あぁ二人がこんな状態なら、どうしようもないな』って考えるんだ。
 ――このままじゃ、あまりに可哀相だ。
 ――憑かれたまま死ぬまで生きていかなくちゃいけないなんて。
 ――いっそ早いうちに、いっそ俺が責任をとれるうちに……。
 なんてな。
 冗談だよ。
 笑えよ。
 冗談ってことにしておかないと、お前会いづらいだろうし。
 ただな、ただ考えるんだ。馬鹿なことだけど。ほら最近も母親が子供を殺す事件あっただろう? ひょっとしたら――そのうちの何件かは怪異に出会った結果だったんじゃないだろうかって。
 『子供殺した母親、心神喪失で不起訴』って報道、聞いたことあるだろ?
 あれって怪異に憑かれた――ってことじゃないのか?
 魔が差したって言葉って、あれ本当に当人にとっては真実なんじゃ――。
 自分のことを振り返って考えると、どうもそんな気がする。
 ま、そうでもないと、俺は家族を殺す理由がわからん。
 お前はわかるか?」

 子供も嫁もいない私は曖昧に首を振った。


ブログパーツ

男と爬虫類 二題

 倉本という男が酒を飲んだ帰り道のことです。
 昭和の宮城での出来事です。
 ふらりふらりと歩いていると雪が降ってまいりました。
 しんと静まったなか、倉本は酔った頭でしきりに考えます。
 ――はて、今はそんなにも寒いのか。
 三月も終わりです。降らないということはありませんが、その土地ではめったにないことでした。
 だが酔っ払いです。
 そんな気候の異変よりも アルコールで火照った頬が冷まされる冷やっこさに、倉本はひたすらに良い心地でした。
「死ぬんだとしたら、ちょっとこんな日がいいなぁ」
 倉本の叔父は戦争で腹を撃たれ、現地の子供たちに好奇心のまま観察されながら死んだといいます。
 であれば今、雪の降る最中、眠るように死ねたらのならそれは幸せであるのかもしれません。
 脳裏に仕事の失敗がよみがえります。過去の不愉快なことが思い出されます。
 倉本は木の根元にごろんと横になりました。
 人の通りはありません。
 三月はいえ凍死してしまうかもしれない、と倉本は思いました。
 それもいい。
 ――今を逃したら死ねないかもしれない。
 瞼を閉じると睡魔がやってきます。気づけば肌を刺すような寒さでした。さようなら。さようなら。
 
 倉本が目が覚めると日が差していました。朝でした。
 不思議と身体は冷たくありません。 凍てついた夜だったというのにまるで正月の朝のように満ち足りた気分でした。
 そして昨夜に自分がなぜあんなにも死にたかったのか、倉本は、まるでわかりませんでした。
 空は明るく蕾は開いています。輝いています。空に向かって花弁が開いていたといいます。
 倉本の視界に、地から這い出る一匹の亀が映りました。
 冬も終わりです。春の始まりです。


 × × × × × ×

 蛇を飼っている男のもとを、一人の女が尋ねてきました。
 男は初対面であるというのに、つい自室に招き入れました。
 女はたいそう美しかった、という単純な理由です。
 冷たさをもった切れ長の瞳が印象的だったとのことです。
 ただ誰ですかと問うても要領のえない返答ばかり。
 宗教の勧誘か訪問営業かと身構えますが、不思議とキチガイとは思いませんでした。
 それも女が美しく、美しいキチガイを男は見たことがなかったからです。
 女はガラスケースに入った蛇をじっと見つめ「食べ物、あげたいんですが」といいました。その要求は断り辛い切実さを帯びていたといいます。まるで連れ合いが死にそうなのです、とでも言うような。
 男は冷凍鼠を解凍し女に差し出しました。
「ほら、お食べ」
 なんとも愛おしそうな女の顔に、男はどこか寒気を憶えました。
 ケースの中の蛇が、緩慢な動作でゆっくりと鼠を咥えこみます。女の表情には恐ろしいほどの艶が浮き出たそうです。

 いよいよ帰りそうな気配を見せた女にもう一度尋ねました。「貴女は一体何者ですか?」至極当然な質問でした。
 舌をチロリと出したさまは――どこかで見たような、日常的に視界に入れているような、なにかの生物を思わせました。
「また来ますが、どうか大事に、大事に、大事に……」
 女が何のことを言っているのか、男はすぐに察しました。女の目はガラス玉のようにぴかぴか光っていたのです。


ブログパーツ

ラヂヲ放送玉蟲通信「新春一番~人から聞いた怖い話実話恐怖話コレクション特集」

新春一番、当サイトの階段を玉蟲様より朗読して頂きました。

今回の朗読は四話。
札幌の事故物件
女はすぐに「許さない」「許して」と言う
不動産屋の写真を修正
のっとられ

ラヂヲ放送玉蟲通信
※都合によりYoutubeへのリンクです。

当サイトの怪談朗読も素晴らしいのですが(特に不動産屋の画像修正)合間にされる各話にまつわるエピソードの秀逸なことといったら!

どれも実体験からくる話は、巷にあふれる薄っぺらい何かとは別の、怪異譚の奥行きを感じさせます。
豊富な人生体験と、観察眼、そして好むと好まざるとかかわらず関わっていく怪異……。
真の話芸とはこういうことと個人的には思います。

私の稚拙な説明では恐怖を紹介できませんので、ぜひ耳にしてもらえればと思います。

ただ、泥臭い注釈にはなるのですが、お聞きになる際は何卒自己責任にてお願い致します。


玉蟲通信
Youtube アーカイブ
mixiコミュニティ
ブログパーツ

初詣

 初詣に行ってきた北野さんが、帰宅時に驚いた話。
「友達の男連中と行ったから、もう境内でお酒飲み始めちゃったのね」
 すると誰かが倒したコップ酒が、北野さんが買ったばかりのお守りを酒浸しにしてしまった。
「カビちゃうと不潔だから、家に着いたらすぐ拭こうとして」
 札を取り出そうと、お守りの中に指を入れると、鋭い痛みを感じた。
 ――え。
 目の前に持ってきた親指と人差し指が、カッターで切り取られたように抉れていた。刃物の類は入っていなかった。
 どくどくと流れる血を眺めながら、北野さんはただただ驚いたという。
「その時はビックリして終わりだったけど……二、三日たってなにか物凄く厭な予感がし始めて。なにか取り返しのつかないことをしちゃったんじゃないか、なにか罰が落ちるんじゃないかって思い始めちゃって……」

 北野さんの不吉な一年は、始まったばかりだ。


ブログパーツ