怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 

初詣

 初詣に行ってきた北野さんが、帰宅時に驚いた話。
「友達の男連中と行ったから、もう境内でお酒飲み始めちゃったのね」
 すると誰かが倒したコップ酒が、北野さんが買ったばかりのお守りを酒浸しにしてしまった。
「カビちゃうと不潔だから、家に着いたらすぐ拭こうとして」
 札を取り出そうと、お守りの中に指を入れると、鋭い痛みを感じた。
 ――え。
 目の前に持ってきた親指と人差し指が、カッターで切り取られたように抉れていた。刃物の類は入っていなかった。
 どくどくと流れる血を眺めながら、北野さんはただただ驚いたという。
「その時はビックリして終わりだったけど……二、三日たってなにか物凄く厭な予感がし始めて。なにか取り返しのつかないことをしちゃったんじゃないか、なにか罰が落ちるんじゃないかって思い始めちゃって……」

 北野さんの不吉な一年は、始まったばかりだ。


ブログパーツ

クリスマス 三題

 白山さんは毎年クリスマスが近づくと、右手の薬指に切り傷ができるといいます。
 そうなるのは四年前、不倫相手と別れてからだそうです。
 奥様は何も聞いてきませんが、娘さんが「なぜ」「なぜ」と聞いてくることに、白山さんは毎年返答につまるというのです。
「三年も前にアイツ(不倫相手)死んだっていうのになぁ。不思議だよ」


 × × × × × ×


 昭和十九年、十二月二十四日。真昼のことでした。
 当時十一歳だった光永さんが畑仕事に汗をかいている時、天上から叫び声が聞こえました。
 顔を上げると、大空に巨大な蛇が三匹ゆらゆらとうねり西の方角に向かっている真っ最中だったといいます。
 その日の夜。光永さんの街には空襲がやってきました。


 × × × × × ×


 平成になりたての頃の、十二月二十五日。
 高田さんは地元である群馬は伊勢崎の池がある公園を歩いていました。
 もう今では馬鹿馬鹿しく思えると高田さんは言うのですが、その時彼女はひどく孤独で、将来のことを考えると不愉快になるのでつとめて考えないようにしておりました。
 その公園は一人で歩いていましたが、もとより人気の少ない公園ですので、遠目からでも目立つ人物がいればすぐに気がつきました。
 近づくと、頭の上に白い灰をかぶった、あかぎれた掌をしきりに擦り合わせる少女が座っているのです。
 驚く高田さんに、彼女は俯いて、
「ごめんねって、言いに」
 悲しそうにそう言うと、そのまま姿を消してしまったのです。
 甘い石鹸のような匂いがしたと、今も高田さんは覚えています。
「なんだろう今の。馬鹿みたい」
 高田さんは笑ってすまそうとすると、胸が苦しくなり、涙が止まらなくなったといいます。
 少女の顔は半年前に亡くなったお婆さんの顔と似かよっていたのです。


ブログパーツ

女はすぐに「許さない」「許して」と言う

 詩乃さんが語った話。
「旦那が心霊スポット行って帰ってきたの。もう十年くらい前だから……アイツもまだ三十手前だった頃。馬鹿だからそこで立小便か何かしたんだって。で、帰ってきて酒飲んで寝たの。あたしは子供の世話で起きてたけど……。一時間もすると『ぼり……ぼり……ぼり……』って音がするから、なによって思って寝室の部屋を開けたら」
 旦那さんは、身体を丹念に掻き毟っていたという。
 まるで起きているかのように、丁寧に爪を立てて太腿を掻き毟っていた。
 すでに脛は終っていたようで、ところどころから血が滲んでいた。
「慌てて起こすと『夢で女を見た』って。『女が、許さない許さないってひっかく夢を見た』って」
 詩乃さんは怒った。
「子供の世話も放り出して余計なことして、おまけに祟られるとはフザけんなって感じ」
 頭を叩き、いいから寝ろと詩乃さんは怒鳴ったという。
「次の日の朝にね、旦那が言うの。『夢の中で女が哀れみの目で見てた』って。ウケるでしょ。人の旦那に手を出すほど幽霊だって肝据わってないのよ」

 × × × × × ×

 木原さんが出張で山梨県は甲府駅に降り立ったときの話。
 初めて甲府を訪問した彼は仕事がひと段落つき次第、散策を始めたという。
「孤独のグルメってあるじゃん。俺あれ好きだからさ、いい感じの飯屋ないかなって思って」
 駅前から少し歩くと歓楽街があった。いかにも怪しい路地にが続く。こういったところなら『孤独のグルメ的』なご飯屋があると木原さんは考えた。
 夜はキャバクラや風俗店であろう店が並ぶ通りをこせこせと歩く。
 トタン造りの建物に目を奪われた。
(まだこんな古臭いの残ってるんだ)
 以前は何かの商売をやっていたのか、はたまた未だ営業中なのか。字が読めないほど色褪せた看板からは内情が読み取れない。
 ふと視線を路地にうつす。
 地面に正座した女がいた。
 昼でも薄暗い路地裏に、酔客が小便が撒き散らす地面に、顔を覆い隠すぼさぼさの髪の女が正座していた。厚い浴衣か半纏のような着込んでいるが、それだけだった。膝から下は素足だった。
 驚愕すると同時に〈見つめられている〉と木原さんは思った。
 子供がオモチャを欲しがるような強い視線を木原さんは頬に感じたという。
 当然、女を正視できない。視界の片隅に認めつつ足早に通り過ぎ……ようとした。
 ぽと……ぽと……ぽと。
 熟した下記が落ちるような音が路地から響いた。
 思わず視線を送り、木原さんは目を見開いた。
 人外だとはっきり理解できる光景だった。
 着物はいつの間にかはだけ、露になった胸元は生者のものとは思えなかった。朽ちた大木を思わせる土色だった。
 ぽと……ぽと……ぽと。
 はだけた胸から肉が腐り落ちる。
 卵ほどの大きさの肉が落ち、地面を黒く染める。
<もうゆるしてぇ>
 髪の隙間から見えた瞳は懇願するソレだった。木原さんが一瞬目を離した隙に、女の姿は消えていたという。


ブログパーツ

縊死

 ロフトに登る階段に縄をかけ、古家具屋で購入したチェアを台に首を吊る夢を、松元さんは秋から冬にかけて二十回は見ている。

 夢はチェアを購入した日から見ているという。


ブログパーツ