怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 一人暮らしの怖い話 » ノコリアト……

ノコリアト……

 一人暮らしの宮越さんは看護婦になってから三年目。板橋在住だった。過去形である。
 不定期な勤務時間だったがやりがいはあったという。
 夜勤明けの昼間、部屋に帰るとポストにメモが入ってあった。
 なにか赤黒いものを擦り付けたような文字で「ノコリアト3ニチ」とあった。
 宮越さんはそれが変色した血だとすぐにわかったという。
 警察に訴えたが当然のように杜撰な対応だった。
 二日後、部屋のドアの前に犬の生首が置かれてあったという。目は刳り抜かれ口は威嚇するように開いていた。憤怒、という表現がピッタリだったという首の下にはメモがあった。「アトイチニチ」。犬のものだろうと思われる歯がそこらに散らばっていた。
 宮越さんはその日に引っ越し先を決め、荷物は全て業者に運んでもらった。それ以来二度とその地域に近づいていない。
 犯人はまだ捕まっていないという。

ブログパーツ
コメント
非公開コメント

はじめまして

流れ流れて辿り着きました。
怖い話大好きなのでこれから読ませて頂きますね。

しかし…
怖いより何よりワンコが可哀想すぎる(泣)
私が住んでる県では猫が虐殺される事件が続発してます。
同じ目にあわせてやりたいほど憎いです。
早く捕まって欲しいです!

あっ!関係ない事を言ってすみません<(_ _*)>

2016-07-08 08:37 │ from 零URL

ノトリアト…...

もしも、私に現実に起こったとしたら、たぶん足がすくんじゃって何もできないと思います。

2016-12-10 13:17 │ from 怪談・怖い話まとめアンテナURL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/1-44c871b7