怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » 踊っていた。

踊っていた。

 新宿駅。
 草野が帰路にて小田急線南口を通りかかった時。
 離れた位置からでも、隅の柱脇に女物の浴衣を着た人がいるのはわかった。
(花火の帰りかな?)
 網笠を深く被り、その人は両手を頭上でふらふらと舞わせていた。
 阿波踊りのように見えなくもなかった。
 草野はそのままJRの改札へと向かう際、興味本位で顔を確認した。
 細身の体と色白の首の上に乗っかっていたのは、魚の頭だった。
「干した魚の、そうだなぁ鯉をミイラみたいに干したら、あんな顔になるんじゃないかなぁ」
 鯉頭はその場から動かず、延々と阿波踊りのようなものを続けていたそうだ。
 突如動きをとめた。
 そして鯉頭は網笠の下から、草野さんをじっと見つめたという。
「ちょうど池に近寄ると、鯉が集まってきて、じっと見てくるでしょ? あんな感じ」 
 以来、草野さんは地下道よりJR改札に向かうことにしている。


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

不気味だけど神の眷属の類じゃないかな エジプト神話でも頭動物体人間だし…

2013-08-27 12:39 │ from 名無しURL

さ さかなクン⁈笑

2014-08-25 22:01 │ from 名無しURL

ギョギョ!

2016-01-16 12:09 │ from 名無しURL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/124-f5f08fa6