怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » 映画館 二題

映画館 二題

 赤城が一人映画館に出向いたときのこと。
 楽しみにしていた大作SF映画を鑑賞しながら、スクリーンの汚れが気になったそうだ。
 白くぼうっと光る円状のものだった。

 映画も終わり、画面が暗転してエンドロールが流れ出した。
 いい映画だった、と余韻に浸る赤城はスクリーンの汚れに目をやった。
 汚れではなかった。顔だった。
 しろくぼうっと光る、幽霊としか呼べないようなものの顔だった。
 カーテンから、目と口だけがある真っ白な顔がのぞいていた。
 赤城と目があうと、幽霊は嗤ったという。


 × × × × ×


「一作目がすっごく面白かった監督さんで、二作目も楽しみだったの」
 アラサー女子である黒岩さんが一人吉祥寺の映画館に行った。
「けれどもう、全然ダメ。私は映画のことよくわかんないけど、あれはダメってのはわかる。エンディングは別にいいのよ、ただテーマがブレブレだし……」
 以降映画評を二十分ほど私は聞かされた。『ライムスター宇多丸のシネマハスラー』で聞いたことあるような評論の仕方だなぁと思ったが、黙っておいた。
「本当に本当に退屈で、よくまぁ周りは寝ないで見ていられるなぁって思って」
 空席が目立つ館内を見回した。
 三つ隣の席に男がいた。
 戦争映画の被害者のように、頬から口にかけての肉がミンチ状になっていた。
「ミミズを焼いたような」匂いがしたという。
 呆然と眺める黒岩さんに男は「あとで」と言うかのように掌を突き出した。
 エンドロールが流れ終わり、場内が明るくなると男はいなくなっていたそうだ。


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

映画が大好きな幽霊さんなんですねー(^^;)

映画かぁ‥そう言えば最近観てないなぁ

2016-07-23 15:18 │ from 零URL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/139-69314c14