怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » コンビニ

コンビニ

 平河さんは視える人だ。
 彼女の近所には最近、オシャレなイタリアンバルができた。
 お店はビルの一階に入っており、二階から最上階まではアパートとなっていた。
 安価な上にメニューは本格的。駅から少し歩くとはいえなかなかの繁盛振りだという。
 しかし平河さんはそこにはまだ一度も入っていない。

 以前そこは見たこともない店名のコンビニだった。
 品揃えは最悪だが(食料品の類は壊滅的だった。豚肉が入った惣菜と豚肉が入ったオニギリしかなかった)それでも近さゆえに平河さんは度々利用していたそうだ。
「日用品はどこで買っても一緒だからね。食べ物は手作り感でてたから一度も買わなかったけど」
 店主は陰気な雰囲気の五十代ぐらいの男性だった。
 人見知りな性分なのか、お客と話している場面は見たことがなかった。
「こっちとしてはさ、あれこれ話しかけられるのも面倒だから都合が良かったんだけど、背中にもやもやっとした、薄い墨汁みたいなのが見えたのね」
 あぁいうのは肩こりから欝まで色んなことの起因になるの。
 そう平河さんは仰った。
「ただこっちに悪さするわけでもないから、放っておいたの。あたしに関係ないし」
 
 閉店は唐突だった。
「出勤時に通りがかったらシャッターがおりてて。それからはずっと閉まったまま」
 閉店を告知する張り紙すらなかった。
 気づけば空き物件になっていた。
 可能性はいくらでもあったが、平河さんは店主の身に何かがあったと思ったという。
「事情があって田舎に帰ったとか、そう思えなかったの。あのね、ある種の人は不幸になる路線っていうのが引かれてるの」
 二ヶ月ほど時間をおいた後、その物件には前述したイタリアンバルが入った。
 ワイン好きの平河さんが窓から様子を伺うと、上からなにかが降ってきた。
(雨?)
 見上げると二階のベランダにコンビニ店主がいた。
 身体はなかった。
 電灯の傍に店主の顔だけが垂れ下がっていた。
 生前と同様に覇気のない眼差しで、下を睨む。
 そして訪れる客――自分が店をやっている時には決して見れなかった――笑顔を浮かべる客に向けて、ツー、と唾を垂らしていたという。
「それがとても嫌な匂いなの。硫黄臭っていうのかな? 卵の腐った臭い」 
 唾液には平河さん以外気づかず、音もたてず客の頭に降り注ぐそうだ。


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

だーかーらー!何なんだよ! こういう 話しは怖くない!ただの説明じゃんか! 話しを作れないなら投稿するな!

2013-11-29 20:33 │ from 名無しURL

やだわー。こういう失礼なコメント残すやつって
楽しみに読みに来てる読者もいるのに

2013-12-01 19:38 │ from はくURL Edit

平山節が癪に障るわな

2013-12-02 17:42 │ from 名無しURL

最初の奴文句言う前にまずお前が書け!!

2014-04-14 15:40 │ from 名無しURL

え…充分怖かったんだけど… 不気味で良かったよ

2014-05-19 00:56 │ from 名無しURL Edit

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/151-92e8cf1a