怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 厭な話 » あなたは強い子立派な子

あなたは強い子立派な子

 ありがちな話ではあるが辻クンが中学三年生の頃、クラスでイジメがあった。
ターゲットは朝比奈麗子(無論、仮名)という可憐な名前を持つが、地味でどちらかといえば不潔な女子だったという。
 クラスの小林クンという男子を中心にイジメは始まった。
 辻クンは中心にはならないが、かといって止めるでもなく、はたから眺めていたそうだ。

 朝比奈さんの近くで臭い臭いと連呼する。
 机に黴が生えた食パンを入れる。給食にダンゴムシを入れる。机にラクガキをする。
 いかにも中学生がやりそうなイジメだった。
 ある時、小林クンは朝比奈さんの後頭部に体操着袋を思い切り投げつけた。
 クスクスクス……と辻クンを含めた笑い声がたった。
 しかし朝比奈さんは大きなリアクションをとらなかった。
 辻クンはさりげなく近づいて朝比奈さんの様子を伺った。泣いているのだと思った。
 だとすれば面倒なことになる。
 自分も教師に呼び出されるかもしれない。
 だが朝比奈さんは泣いてはいなかった。
 呟いていた。
「……あなたは強い子立派な子、あなたは強い子立派な子……」
 瞬時で、気味の悪さに辻クンは鳥肌を立てた。
「今で言う、引いたってやつだよ」と辻クンは説明する。

 イジメも徐々に沈静化していった秋、文化祭の時期になった。
 文化祭で辻クンのクラスはありがちな研究物の展示会にしたという。
 しかし大してやる気のないクラスだったので、いざ飾ってみると明らかに華が足りない。
 担任教師は少しでもポーズをとる必要があったのか、教室を飾りつけ、後ろの黒板にイラストを描くことを提案したそうだ。
 内容は『白雪姫』、いかにもいいアイデアだというかのように担任は言い切った。
 白けた空気が漂った。
 意外なことに、イラスト担当におずおずと挙手した人間は、件の朝比奈さんだった。
 他にやりたい人間はいなかったのですんなり決まった。
 イジメていた連中は嘲り笑いの用意をしながらイラストの完成を待ったそうだ。

 しかし予想に反して黒板に描かれるイラストは上手かった。
 下書きの過程でもクオリティーが他の生徒と段違いであることは誰しもがわかった。
 中学生だった辻クンの目にはまるでプロのイラストレーターのように見えたという。
 白雪姫というなんとも垢抜けないテーマだったのに、顔立ちをくっきりと濃くし、色を鮮やかにすることによりまるで海外製ポスターのようにクールな白雪姫になっていった。
「すごい」
 みんな心の中では驚きと同時に賛辞を与えていただろうと辻クンは言う。
 しかしそこが中学生連中。
 劣るべきはずの者が、なにかしら秀でるスキルを持つことは許されない。そんな理不尽極まりない怒りだった。
 もちろん中学生はそんな苛立ちはうまく言葉にはできない。
 口にできない以上、とるべき行動は一つだった。
 イジメの再開だった。

 通りすがりに強くぶつかる。
 数人で物をいっせいに投げつける。
 ウケ狙いとして朝比奈さんに緑色のハンドソープを吹き付ける。
 流石に辻クンも眉をひそめたという。
 しかし朝比奈さんは相変わらず泣くことはなく、お経のように「あなたは強い子立派な子」と唱えているばかりだった。
 リアクションの薄さに焦れたイジメ連中は、イラストが描かれた黒板に目をつけた。
 しかし一度に消してしまえば流石に問題になる。
 ヘタレの担任も問題にするだろうから、そうならないように、徐々に消していこう。
 イジメ主犯の小林クンのアイデアだったそうだ。

 計画通り少しずつイラストは消えていった。
 朝比奈さんは新しく描いていく場所はそのままに、数日前に描いていたところからゆっくり、黴が侵食するように消えていった。
 白雪姫の鮮やかな線は掠れ、首は途切れ、瞳は消された。
 効果は覿面だった。
 朝比奈さんは学校に来なくなったそうだ。

 文化祭が終わっても朝比奈さんは戻ってこなかった。
 クラスの生徒は黒板のイラストが気になり始めたそうだ。
「消さなかったの? 文化祭終わったのに?」
「……結局文化祭の時は後ろの黒板にはポスター貼ってごまかしたよ。ポスター剥がす時、消せば良かったんだけど……力作だったのは皆知ってたから……」
 皆、積極的に悪者にはなりたくなかったという。
 見て見ぬふりをしたまま時間は過ぎた。
 異変に気づいたのは女子だった。
「白雪姫がこっちを見てる」
 授業中、掃除の時間、忘れ物をとりにきた時、瞳を消された目から視線を感じる……。
 そんな噂がたった。
 一人の女子は「放課後教室に寄ると白雪姫が嗤っていた」とも話した。
 噂は男子にも伝わった。
 後ろの黒板に近い席の生徒たちは、毎日背後から薄気味悪い気配を感じ始めたそうだ。
 ――明日には消そう、来週には消そう。誰かが消してくれるだろう。
 そんな静かな期待を受け止めたのは、小林クンだった。
 放課後、小林クンは集めた観衆の前ですべてを消した。
 線の一本も残さず、どこか焦ったように消したそうだ。
 一ヶ月ぶりに綺麗になったホワイトボードに小林クンは女性器のマークを描いた。
 その時の表情はどこか、借金取りに迫られた債務者のようなツラだったという。

 二日後。辻クンが帰宅する時、珍しく小林クンが一緒に帰ろうと誘ってきた。
 ここから話はありがちではなくなる。
 
 歩きながら小林クンは何でもなさそうな風を装いながら話し始めた。
 馬鹿げた話だった。
 白雪姫が家の前で待っていたという。
 朝比奈さんが描いたとおりの、濃い顔立ちの白雪姫が、夢でも幻覚でもなく、憎悪を込めた瞳で睨みつけてくるという。
 小林クンが声を荒げてもそれは消えない。
 それどころか一日一日、家に近づいてくる。今では玄関を入ってすぐの廊下に立っている。朝も夕も深夜も、小林クンの部屋めがけて少しずつ近くなってくるそうだ。
 このままだと部屋に入ってくる日は遠くない、そう小林クンは語った。
 辻クンはなんと言えばいいかわからなかった。
「白雪姫でしょ? 殴っちゃえばいいじゃん」
「もうやったよ。そうしたら……」
 小林クンはポケットに入れっぱなしにしていた右手を差し出した。
 拳には肌が見えないほど絆創膏が貼り付けられてあった。
「親の話だと、なんか俺、寝坊けて包丁が入った引き出しに手を突っ込んだみたい。ぜんっぜん覚えてないんだけど……」
 小林クンは顔面を蒼白させていた。
「辻さ、朝比奈のとこに行くから付いてきてくんない?」
 謝りにいくのだろうと辻クンは察した。以前から頼み事があれば断らない自分を選んだのだろうと理解した。
 だが困っている小林クンを見ても、どうにも気が進まなかったという。
 馬鹿げた発想だが、仮に朝比奈が「呪い」をかけていたのであれば謝ってどうにかなる問題とは思えなかった。
 全ては小林クンの思い込みとして片付けたかった。
「ごめん、親から用事頼まれてるから……」
 そう断り、歩き出そうとする辻クンを小林クンはさえぎった。
「頼むよ」
 必死な表情に、ますます不吉な予感が高まった。
「ごめん」
 逃げるように歩き出すと、小林クンは腕を掴んできた。
「ごめんじゃねーよ。お前も朝比奈のことイジメてたじゃねえか。なんで俺だけこんな目に遭わなきゃいけないんだよ。おかしいだろ。俺だけなんて、不平等だろ。お前らも……」
 裾がめくれ、小林クンの腕が見えた。
 噴火口のように真っ赤に腫れあがった瘤があちこちにできていた。
 そこからマヨネーズのような黄色い汁が噴き出している。
 腕が元のように肌色に戻ることは金輪際ありえなさそうだった。
「白雪姫消してからこうなってんだよ。ずっと握られてるみたいに、感覚がどんどんなくなっていくんだよ、これ。なぁ、これどうなるんだよ」
 辻クンは思わず走って逃げてしまったそうだ。
 翌日から小林クンは卒業まで学校にこなくなった。
 一度だけ家の留守番電話に「赦してもらえなかった」と、伝言があったという。
 
 朝比奈さんに続き、二人目の不登校生徒を出した担任は、卒業式に苦言を呈したそうだ。
「イジメはなかったと思うが、もう少し思いやりを持っても良かったんじゃないか。将来立派な人間になっていることを先生は願っている」


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

は?

2015-02-02 02:09 │ from 名無しURL

担任も小林も辻も最低。

2015-02-13 20:06 │ from △△URL

No title

渡る世間はクズばかり

2017-05-22 16:27 │ from 名無しURL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/154-bae4df97