怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 一人暮らしの怖い話 » 全国のタカシさんへ

全国のタカシさんへ

 ※石野という苗字は仮名である。

 真夜中。
 石野タカシさんは寝入りばなに、酔っ払いの奇声を聞く。それにまぎれて細い笛のような音が聞こえる。
 ――――――シ――。
 ――カ――シ――――。
 タ――カ――シ――――。

 瞼を開けると、窓に黒い影がへばりついている。
 それは長細く、てらてらと光る無数の脚を蠢かしていた。
 てっぺんには焼け爛れ、髪がまだらに残った女性の顔。中年女性だと思われた。
 石野さんを数秒覗き込むと、
「ちがった」
 そう言い残し、消えたという。
「なにが目的なのかわかんねぇけどさ、俺は違うタカシで心の底からほっとした。同じ名前の奴には気の毒だけど、俺じゃなかったらどのタカシでもいい。とにかくもう二度と現れてほしくない」


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

はじめまして

はじめて読ませていただきました。
怖くて、不思議な話でした。
これからもちょくちょく読ませて頂きます。
霊障にお気をつけて。

2014-04-18 11:06 │ from 羊男URL

Re: はじめまして

羊男さん、はじめまして。
ご感想ありがとうございます。

霊障には気をつけながら(もう遅いかもしれませんが)しつこく更新していきたいと思ってます。
よろしければ今後も覗いてくださいね。

2014-04-18 18:59 │ from 別府URL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/165-10ac68fb