怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 厭な話 » 軽やかな呪い

軽やかな呪い

 麦田さんは独特の顔立ちをしている。
 可愛いといったわけではなく、かといって不器量というわけでもない。
 年齢は教えて頂けなかったが二十代にも三十代にも思える。
 幼い喋り方は、若さを演じているようにも聞こえる。
 
 彼女は常時マスクをしている。
 風邪をひいているわけではない。口元にキズがあるわけでもない。
 常時呟いているのだ。
 電車の中。
 職場のトイレ。
 スーパーマーケットの野菜売り場の前。
 それは今日のように平和で穏やかな日々の中で。
 中央線沿いのまるで写真家の幻想のような日曜日で。
 アルカイックスマイルを浮かべながら前を歩く誰かへ。
「お前は間違いなくキチガイになる」
「お前は間違いなくキチガイになる」
「お前は間違いなくキチガイになる」
 この軽やかな呪いが相手に聞こえないようにする為、マスクが外せないという。


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014-02-04 16:38 │ from URL

No title

×アルカリック ○アルカイック

2014-02-15 18:37 │ from さばURL

Re: No title

さば様

ご指摘ありがとうございます。
長年「アルカリック」と思い込んでおりました……。

2014-02-15 22:35 │ from 別府URL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/168-de92d4f4