怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 理不尽 » ひとをばかにしてはいけません

ひとをばかにしてはいけません

 山郷さんはレンタルビデオ店で働くフリーター。
 その晩も日付が変わるまで働いた後だった。仕事中に取り置きしておいた新作ビデオが楽しみだった。
 コンビニで軽い夕食を買い、家までの八分ほどの夜道を歩く。
 角を曲がると二十メートルほど前に一人の男が山郷さんと同じ方向に歩いていた。
 ひょこ、ひょこと体を揺らしていた。
 山郷さんの歩くスピードが早いせいか、距離は近づいていった。
 禿げ頭の下には巨大な体躯。いつか夢で見た赤鬼のようだったという。
 異様なルックスとぶつぶつと繰り出される独り言から、山郷さんはなんらかの障害をもっている方だと想像した。
 一気に追い抜こう、そう決めて足に力を入れると、
「えう?」
 男は振り向いた。
「いま、ばかにした?」
 山郷さんも振り向いたが背後には誰もいなかった。
 男の視線は明らかにこちらを貫いていた。
「ひとをぉ、ばかにぃ、してはぁーいけませんっ!」
 ゲリラ豪雨に似た突然の激昂だった。
 狼狽した山郷さんは後ずさりながら必死に手を振り「してません」と答えると、
「ではしょうこをみせてください!」
 と迫られた。真っ赤に染まった顔が近い。呼気は放置した炊飯器の匂いがした。
 男の手の届く範囲であることを理解し、足がすくんだ。
 そんなのはありませんし、私何も喋ってませんし……と山郷さんが答えると彼は首を傾げ、骨董品を眺めるように山郷さんを観察した。
「しょうこないの? ばかにしたしょうこ?」
 緊張に耐えられなくなった山郷さんが、
「ないですっ!」
 と叫ぶと男はしょんぼりした様子で言った。
「そっかぁ、ないのかぁ、それはざんねんんんん」
 男が俯いた隙をうかがい、山郷さんは逃げようとしたという。
 身を翻して全力疾走しようとした時、足首を捻った。予期していなかった痛みに、顔をしかめる。腕をつき転びはしなかったものの手のひらを擦りむいた。
「あぁー。あぶないですようぉ。ほらぁ、おてて」
 差し出された手を、握ることに躊躇をした。
「あ、ばかにするぅ?」
 山郷さんは擦りむいていない方の手で、男の手を握った。
 痛みは即座にやってきた。
 男の力は加減を知らなかった。握られた骨がメキメキと軋んだ。振り払おうと思えないくらいの力強さだった。小指側の骨がゴキっと音をたてて折れた。一瞬の痺れのあと、意識する間もなく絶叫していた。涙が噴水のように自然にあふれ落ちた。
「しぃいいぃい」
 朦朧とする意識の中、男が赤ん坊にするように人差し指を口にあてた。瞳は白濁していた。グローブくらいある両手で顔を覆い、広げた。「いないいないばぁ」山郷さんは意識を失った。
「気づいたのは早朝でした。警察官に起こされて。すぐに病院に運ばれました。被害届も出したんですけど……」
 あまりに特徴的な男だったのに未だ逮捕までにはいっていないという。
 一時は歪な形だったの、と山郷さんは大事そうに手を撫でた。

ブログパーツ
コメント
非公開コメント

No title

ぞくぞくっときました。人をばかにしてはいけませんね。

2013-01-09 07:44 │ from WEELURL

Re: No title

訪問ありがとうございます。
こんな目には遭いたくありませんね……。

2013-01-10 13:20 │ from 別府URL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/18-42f343a8