怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » 南武線沿い某所のいわくつき物件

南武線沿い某所のいわくつき物件

 田部井さんが学生の頃、同棲していた彼女に浮気が原因で家を追い出され、友人宅に泊まり歩いていた時期があったという。
 一ヶ月もすると友人たちからも疎ましがられ、いよいよ自分の部屋を探さなければならなくなった。
 だが金はない。
 友人に相談すると訳あり物件の存在を教えられたという。
「それいいね! って思いました。僕は昔からお化けとか幽霊信じてないんです」
 目に付いた不動産屋に飛び込んだ。
 不動産屋の社員に「訳あり物件でもいいから安いところを教えてほしい」と注文したそうだ。
 明らかに乗り気ではない若い社員を説得し、田部井さんはすぐに内見を頼んだという。 物件は車で十分ほどの場所にあった。向かっているところで半ば好奇心で尋ねると、首つりがあったと渋々ながら社員は教えてくれた。
 田部井さんは特に感じるものはなかった。
 関東は震災で、戦争で、あちこちで人は死んでいる。
 いちいち怯えることはない。
 車から「あそこです」と指されたマンションはすぐにわかった。真っ黄色の外壁をしていたからだ。
 異様な色彩だったが造り自体は立派なものだった。
 案内された部屋に入ると、広さも申し分ない。
 ただいやに昏かったという。
「窓は大きいのがついていたんですけど」
 玄関のたたきで靴を脱ぎ、キッチンを通り抜けてリビングに入る。1Kだ。人が入れそうなクローゼットもあり、天井も高い。
 だが床が変色していた。
 ピンときた。
 血痕か何かの汚れを、薬品をぶちまけて掃除したのだろうと推測した。
 すでに聞いていた家賃は相場からはぐっと安いものだったが、これを指摘すればさらに安くなるかもしれない。
 田部井さんは不動産屋に声をかけた。
「すいません、ここちょっと見てもらえます? だいぶ変色してますね」
「あーそうなんですか……」
 社員は玄関のたたきから動かない。
「ほら、ここですって」
「はぁ……なるほどですねー」
「あの、そこからじゃ見えないっすよね」
 呆れて田部井さんはため息をついた。
「ほんと苦手なんです。お客さんに言っちゃいけないんですけど自分、こういうの本当に本当に苦手なんです」
「何にもないっすから。一瞬だけ、一瞬だけ確認してください」
 不動産屋の社員は「ほんとなんですよ……これ系は駄目なんですよ……」とぶつぶつ呟きながら靴を脱いだ。
 田部井さんが指差す床を見る。
「うーん、だいぶ変色してますねぇ……」
「ですよね。これだったらもう少し」
 クローゼットの隙間に気づいたのは二人同時だった。
 薄闇から腕が見えた。
 土のように濁った色の腕が見えた。

 二人は押しのけあうように部屋から飛び出した。

 そのマンションは外壁の色をまともなグレーに塗り替えた今でも、その部屋だけは空き部屋のままだという。


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

住むまでまてや!
堪え性のない幽霊だな

2014-06-27 14:24 │ from 名無しURL

No title

前、家の祖母からきいた、怖いのでそこの前には2年くらい通ってないな~今度通ってみよう!

2015-03-04 10:35 │ from vcdefhk rsURL Edit

No title

こちらのサイトは普段使わない難解な言葉が多いのでその都度調べて感心したり勉強したりしながら楽しんでます。

この作品では「昏かった」と、敢えて「暗かった」にしなかった理由を解りたくてググってみたんですけど、意味の違いを理解しても理由が解りませんでしたね。

2015-12-16 17:52 │ from 名無しURL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/199-793f43e2