怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » カラオケ嫌い

カラオケ嫌い

 佐野さんは大のカラオケ嫌いだ。
 飲み会の流れで「カラオケ」という単語が出るだけでコッソリ姿を消すという。
「高校の時までは行ったんですよ。わーわー皆で歌うのが楽しかった。ブルーハーツとスマップとか歌ってましたよ」
 その時は『うまく歌うこと』は置いておき、好きに歌っていたという。
「大学入って……まぁよく知らない奴らと遊ぶことになるわけじゃないですか。みんなカラオケのレベル高かったんですよね。これは負けてらんないなぁって思って」
 授業の合間を見つけては一人カラオケに通い始めたという。平日の昼間は人もおらず一人でもさほど恥ずかしくなかった。
「じっくり歌えるから練習になるんですよ。待ち時間もないし煙草くさくもないしで快適なんです」
 練習の成果もあり、カラオケの採点機能でほぼ高得点を出せるようになった頃だ。
 いつものように佐野さんはアイスティーを用意し、マイクを握った。
 歌い始めは好調だった。
 高い音も難なく出るし、ビブラートもうまくかかる。
 三曲目を歌い始めた時、自分の声が異様に低く聞こえる気がした。
 キーをいじながら歌は続けたという。
 サビに近づいた頃、笑い声が混じりはじめた。
(入り口窓から知り合いが笑っているんじゃないか……)
 そう思いドアを開けて確認したが誰もいない。
 ドアを閉めて再び歌いだすとはっきり変わった。
 自分の声じゃない、野太い笑い声がスピーカーから狂ったように響いたという。
 ケタケタケタ……。
 背筋がぞっとしたという。
 カラオケ機の故障かと佐野さんが機械を見ると、異様な歌詞が映像に流れていた。

 穢多穢多穢多穢多
 穢多
 穢多
 穢多
 穢多穢多

 カラオケボックスの隅に、体育座りをした髪の長い女が目に入った。
 長髪の隙間から覗く、ほら穴のような瞳が佐野さんを見つめていた。真っ赤に裂けた唇はまるで肉を咀嚼するかのように動いていた。それが歌っているとわかった途端、佐野さんはカラオケボックスから飛び出した。
 受付で店員を目にした途端、失神したという。
 それ以来カラオケ屋には二度と行こうとしない。

「一回どうしても断れない状況があったんで行ったんです。十人くらいで」
 したたかに酔っていたせいもある。
 皆でケツメイシを合唱していた時、佐野さんの目に風船のように顔が膨らんだ女が移った。どす黒い紫色から舌がだらぁんと伸びていた。その女はカラオケ機の横で楽しそうにリズムをとっていたという。
「コンビニに行くって嘘ついて逃げました。もう何があってもカラオケには行きません」
 カラオケ嫌いな人を、無理に誘ってはいけないようだ。

ブログパーツ
コメント
非公開コメント

No title

うわー

絶対一人でカラオケいきたくないですw

2013-11-08 23:38 │ from 黒うさぎURL

カラオケで零が現れるのは賑やかな所だからかなぁ。
寂しいんですね‥
だけど見たくないです(>_<)

2016-07-08 09:37 │ from 零URL

No title

楽しそうにリズムをとっていた……ってw

2016-09-25 17:43 │ from 名無しURL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/21-552f7002