怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » 他人のケータイ怖い

他人のケータイ怖い

 加奈子ちゃんは人間観察が趣味だったという。
 現在から遡ること五年前の女子高生時代。
 彼女は電車通学の最中、もっぱら隣り合った人の携帯を盗み見ることで暇をつぶしていたという。
「人のメールって面白いじゃん。すっごいブサイクメガネなのに『愛してるのですよ』とか、顔文字バンバンいれて『抱っこねんねして』とか、マジほんとウケるよね」
 男が盗み見しているところが発覚すれば問題になるが、女子高生であればトラブルにならないことを彼女は知っていた。
 一方で加奈子ちゃんは自分の携帯には覗き見防止フィルムを貼っていたそうだ。
 だがその趣味も高校三年にあがる直前に、辞めねばならなくなった。

 その女性は三十代くらいのOLに見えた。
 加奈子ちゃんはいつも通り視線をすっと横に投げる。
「仕事関係っぽいメールしてたから、つまんねーって思って」
 OLはメールを終わらせ、待ち受け画面にする。

 そこに加奈子ちゃん自身の写真が写っていた。
 見間違うことのない自分の部屋で、自分が笑っている。黄色のパジャマで笑っている。
 撮られた記憶はなかった。
 有名ゲームキャラクラーをモチーフとする黄色のパジャマはお気に入りのものだった。
 固まる加奈子ちゃんをよそにOLは携帯を閉じて次の駅で降りていったという。
 脳裏にクエスチョンマークが水泡のように浮かんでは弾ける。

 以降、加奈子ちゃんは二度とその時間の電車には乗らなかった。今では盗み見どころか他人の携帯電話が怖くて仕方がないという。
コメント
非公開コメント

はじめてきましたけど、クオリティたかいですね。
プロさんな気がします。
もっとコメントあってもいいのに。
応援あげ

2015-06-28 23:53 │ from 柿の木URL

そのOLは…

そのOLは、未来の加奈子ちゃんでは?

2015-12-31 14:34 │ from 名無しURL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/274-538f2fed