怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » 警察官 二題

警察官 二題

「警察の人と話をすると良いですよ、あの人たちいっぱいオカルトな話持ってますよ」
 あるサイトの管理人さんが教えてくれた。
 彼が警察官の知人から聞いた話。

「秩父のトンネルです。名前、なんだったかな。今ちょっと度忘れしてて。普通のトンネルです。普通の」
<ワンピースを着た女性が歩いていて危ない>
 所轄の警察署に、そんな通報があった。場所は件のトンネルである。通報は連続して三つあった。通報は全て別の人間からだった。
 三台のパトカーが現場に向かった。
 だが、誰もいなかった。
 三人目の通報者の内容は「トンネルの上でワンピースの女が踊っている」とのことだったという。
 
 × × × × × ×

 一人の青年が留置所に放り込まれたという。
 ドラッグ使用の疑いだった。
 深夜、青年は気の触れたような雄叫びをあげた。当番の警察官が何事かと尋ねると、青年はしきりに「ツレが、死んだツレが、アイツが見える。俺に、俺に俺に俺に、呼びかける」
 警察官はひととおり宥めると、管理室に戻った。
 翌朝、青年は器用に丸めた衣服で首を吊っていたという。

「あいつが言ってた、友人の幻覚が見えるってやつ、アレなんだったんだろうって今でも不思議なんです。だって……」
 検死の結果、青年からは薬物反応が出なかったと、しばらくしてから判明したという。

ブログパーツ
コメント
非公開コメント

ウサンクサッ

2015-09-03 22:01 │ from 名無しURL Edit

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/285-7d0dff20