怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » 携帯オンチ

携帯オンチ

 五十歳間近である山福さんはいまだガラケーを愛用している。
「私、アナログ脳だから。このままスマフォなんて一生使わないつもり」

 ただそれでも日常のこまごましたことに、携帯電話は使用している。
「メモ必要なときにすごく使ってるの。あ、けどメモ機能なんてついてないから、Eメールの下書きをメモ代わりに使ってて」
 休日に買うべきもの・友達の誕生日・etc...。
 たぶんスマートフォンにすればもっと便利な機能があると思うのだが、そこは人それぞれである。人には人の適切な方法がある。
 だが山福さんは最近ガラケーの使用自体も止めようかと考えているそうだ。
「あった方が便利なんだけどこの間から変なことが起きるようになって……。先月に友達と飲み会したときにね、パワースポットの話になったの。みんなで休みになったら旅行がてら行こうかって話になって。友達が確か○○っていう神社が有名だった言い出して。それでいつもの調子で携帯にメモしておいたの。神社の名前と日程を」
 飲み会の解散後、山福さんは夫にそのことを話した。
「旦那が言うにはどうも友達が喋っていた場所、パワースポットってより祟りで有名な場所だったみたいで。で、これは違う場所にしなきゃって思って」
 日程を確認しようとメモ代わりのEメールの下書きを開いた。
 メモの内容は狂っていた。

『・・・?、ア???潰れ・葬式・四月二十五日・・・??閻舌l?腐れ衛門』

「飲み会から家に帰ってくるまで、誰にも携帯触らせてなんかいないのよ。意味はわかんないけど……不気味で不気味で、なにか不吉な予感だけはするの、すっごく」
 結局旅行は中止にし、何事も山福さんの身に起きなかったものの、今までに三回、アドレスさえ文字化けした判読不能のEメールが届いたという。
 内容は三回とも同じだった。
『�???�ス?ョコ?ス?��?ュサ? ?豁サ血血血血血血血縺ュ 蜻ェ縺 』


ブログパーツ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/351-9551b4a7