怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » ベビーカー怖い怖い怖い

ベビーカー怖い怖い怖い

 石見さんはベビーカーが苦手だった。
 特に電車だ。うっかり乗り合わせてしまおうものなら、大体が嫌な思いをするという。
「平気で足にぶつけてくるし、いくらスペースをとろうと遠慮がない。それが当然だという顔をするんです。一言で言えば厚かましいんです」
 石見さんは以前、うっかりベビーカーを蹴ってしまい母親から三駅の間睨まれたことがあるという。
「子供は乗っていないどころか、ギャーギャー座席で騒いでいるっていうのに。あれは何ですかね、本人はマナーを守らなくてもいい権利を手に入れたって思うんですかね」
 その日新宿行きの小田急線に乗り合わせた若い母親もそう見えた。
 電車から降りる人よりも先に乗ろうとする。後ろで乗り込むのを待っている人間がいるのに、ちんたら時間をかける。
「その車両だと新宿駅の階段がすぐなんで、変えたくなかったんです。それにそんなに混んでなかったからまぁいいやって思って」
 女は当然のように端の席を譲ってもらい、座るやいなや携帯をいじり始めた。ベビーカーは脇にの出入り口付近に放置したままだ。
 気配りも感謝の言葉もなかった。
 席を譲った高齢の女性は気分を害したのか、隣の車両に足早に移動していった。
 石見さんは非難めいた視線を送ったが若い母親は俯いていて気付かない。 胸の中でため息をついて文庫本を取り出した。
「赤ちゃんが視界に入ったんです。別にいちいち他人の子なんて見ませんが、何かが間違っていたんです」
 再度見返し、石見さんは息を呑んだ。
 赤ちゃんはすやすや眠っていた。なかなか可愛らしい寝顔だった。
 洋服に貼り付けてあるA4紙ほどの殴り書きが問題だった。
「この子の父親探しています。名前は判らんけど鼻の脇にホクロのある日に焼けた男です。年齢は二十歳ぐらいです。その男はお金も払わず精子だけを置いて逃げ去った。一生許すことはできませんが償いはさせたいです。みなさん見かけたら絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に連絡ください。電話番号→090-×××~」
 子供が描いたような汚いイラストも貼り付けてあったという。
 席を譲った女性は、これを目にしたので逃げたのだと気づいた。

 新宿駅につくまで、なるだけそちらを見ないようにしていたが無理だったという。
「どうしても見ちゃうんです。母親はどんな顔しているんだろうって」
 新宿駅に着く前に母親の顔は見れた。
 どこにでいる、きっと電車を降りて数秒後には忘れている容姿だったという。
 母親は石見さんの視線に気づき、穴があくほど見つめ返してきた。
 慌てて視線を外し、蛇に睨まれた蛙のようにじっとしていると新宿のホームについた。
 降りようとする石見さんを言葉が追いかけてきた。
「見かけたら連絡してくださいね。絶対ですよあなたの顔覚えましたから。絶対ですよ絶対ですよ」
 振り向くことはできなかった。
 代わりにその時間の、その車両に乗ることは二度としないことを決意した。

 石見さんはそれ以来「ゴキブリ」や「クモ」と同じレベルでベビーカーそのものが嫌いになったという。

ブログパーツ
コメント
非公開コメント

こ、こ、こわい。

2013-04-02 17:51 │ from chunkoURL

ベビーカー=凶器
ガキを連れた親=基地外

2015-02-18 15:52 │ from △△URL

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015-07-23 19:03 │ from URL

彼女の態度には腹が立ちますし異常だと思いますが、子育てにはベビーカーは必要不可欠です。
世の中で非難されてる方達もいづれは利用すると思うし、赤ちゃんの時には乗ってましたよね?
マナーはとても大切ですがお互いに思いやり大事にして欲しいです(泣)


2016-07-20 08:30 │ from 零URL

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/55-35208513