怖い話 - 人から聞いた怖い話-実話恐怖話コレクション- ホーム » 怖い話 » バス後部座席の窓に……

バス後部座席の窓に……

 堀越君が高校生の時の話だ。
 彼の地元は新潟県だが、「新潟の最果て」と堀越君が表現するくらい田舎だったそうだ。

 塾の帰りだった。
 繁華街にある塾からバスで一時間半。
 ほぼ終点である最寄のバス停に到着し、堀越君は歩いていた。降りる人は堀越君だけだ。それぐらい田舎だ。
 街灯は少なく、人もいない。
 冬の寒さからか、少ない住民もみんな家に篭っている。

 深海を思わせるような静かさだった。
 寒さに震えながら家路を急いだ。
 狭い道路を、チョウチンアンコウのように輝くバスがのっそり横を過ぎていく。
 堀越君は携帯から顔をあげた。
 バス後部座席の窓に女性らしき何かがべったり貼り付いていた。
 胸元を真っ赤に染めたワンピースを着ていた。
 耳から上が切断されていたが、口は何事かしきりに叫んでいるように開閉していた。
 それは見えないせいか、しきりに窓を引っ掻いていたという。

 堀越君は携帯に視線を戻し、『僕は何も気づいてません。知りません』と念じながらバスをやりすごした。
 高校卒業まで二度とそのバスに乗らず、自転車で三十分かかる最寄り駅を利用したという。その後は上京し、街には年に二度の帰省のみだ。
 今ではその町を通る路線バスも廃線になったそうだ。

ブログパーツ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kowahana.blog.fc2.com/tb.php/70-cdf40322